あなたの妻の浮気はあくまで遊び?浮気をする妻の心理は?

不倫

妻の浮気ですが、女性モテる人は浮気率が高い人という特徴があります。

妻の心の微妙な心理的な変化に、旦那さんが気づいていない気づかないケースも多く、寂しいという理由で、浮気しちゃうこともあるんですよ。

女性が不倫してしまうのは、きっかけがあって、結婚したからといって旦那さんが相手してあげないと、何が理由で不倫してしまうかわかりません。あなたの妻は大丈夫ですか?

今回はそんな浮気してしまう妻の心理と行動、妻が浮気をしないようにする対処方法を、記事にしました。

妻が浮気をする心理とは?

妻が浮気をする心理とはどんな時なのでしょうか?

 

妻が浮気をする心理とはどんな時
  1. 妻が浮気をするのは現実逃避、恋愛ごっこ
  2. 妻が浮気をするのは刺激が欲しい
  3. 妻が浮気をするのはセックスアピールが強いから

ちょっとした火遊びのつもりで恋をすることで、一時の辛さを忘れることが出来るので、現実逃避するにはちょうどいいのです。

妻の浮気は本気の不倫?

妻が不倫をするときは一時の遊びなのでしょうか?それとも本気で恋愛しているのでしょうか?

妻が浮気をするときには2つのタイプがあります。あなたの妻の不倫はどちらですか?

 

妻の浮気は本気の不倫?
  1. 妻の浮気が独身男性だった場合
  2. 妻の浮気が既婚男性だった場合

どちらかによって本気度なども違ってくるんです。

妻と不倫してしまう男性とは?

妻が不倫をしてしまう男性とはどんな人なのでしょうか?

妻の浮気相手はどんな人
  1. 既婚女性性に憧れて不倫してしまう
  2. 既婚女性と一緒にいると癒される
  3. 既婚女性と結婚したい
  4. そのた

様々な相手側の理由もあるでしょうが、あなたの妻が不倫している相手はどんな男性なのか?知りたくないですか?

妻が浮気を終わらす理由とは?

妻が浮気相手と不倫を終わらす理由は何でしょうか?

妻が浮気を終わりにする理由
  1. 浮気をする経済的余裕がなくなった
  2. 他の男性に浮気したから
  3. 旦那さんと離婚しないから

主な理由は3つですがそれだけではないかもしれません。

妻に浮気をさせないようにするためには何ができるでしょうか?

妻が浮気をした時のリスクをご紹介します。

妻が浮気をした時のリスク
  1. 家族を失う
  2. 仕事を失う
  3. 体調が悪くなる(誹謗中傷、証拠の流出など)
  4. 慰謝料請求される(最大500万円+弁護士費用など)

あなたの妻が浮気のした場合、これだけのリスクがあります。

浮気のリスクを知ったら、浮気をする気にはなれないはずです。

妻が浮気をしてると思ったら?

妻が浮気をしていると思ったらまずすることがあります。これをしないと有利に話が進みませんし、あとで後悔することになります。

まずは

離婚問題に強い探偵に頼む」こと。

離婚問題に強い弁護士に頼む」こと。

の2つです。

日本の裁判は基本的に証拠主義のため、本当に不倫をしていたとしても証拠がない限りには訴えることができません。

逆に言えば訴えられたとしても、確実な証拠が揃っていなければ跳ね返せる可能性があります。

「浮気調査 でGPSを使うのはあり?なし?証拠になる?」で書きましたが、素人が尾行などで浮気の証拠を習得しようとすることは違法プライバシー侵害名誉棄損に当たる場合もあります)になる場合があります。

もし見つかった場合、その後の訴訟で不利になるので、「離婚問題に強い探偵に頼む」ことが重要なのです。

そして、離婚問題に強い弁護士に任せるとどんなメリットがあるのでしょうか?「旦那と浮気相手を再婚させたくなかったら離婚問題に強い弁護士に頼む」にも詳しく書きましたが、要点を以下にまとめました。

面倒な処理を全てやってくれる

弁護士に事件の処理を依頼すれば、基本的に全ての手続きを代行してもらうことができます。ご自身で相手方と話をしたり、面倒な書面の作成を行う必要はありません。

交渉調停裁判

と必要な対応のすべてをやってくれます。

法的知識と経験からアドバイスがもらえる

手続き以外でも、法律の知識や、過去の判例などについての情報も提供してもらえます。

特に訴訟では、証拠に基づいた法的な論争を尽くし、その論争に基づいて裁判官が判断を下すのが日本の訴訟「裁判」です。なので、弁護士の法的知識、経験をもとにしたアドバイスが得れるということは相手より有利な立場に立つことができます。

また、交渉、調停で、良く分からないまま相手方の言い分をのんで法律的に取り返しがつかない合意を結んでしまうということも良く聞きますが、弁護士に依頼すればそのような事態を避けることができます。

離婚問題に強い弁護士に頼む」ことで、「男女問題、離婚問題に関する専門的知識」「男女問題、離婚問題に関する案件、事件の経験値」を手に入れることが出来ます。

親族、知人の紹介で弁護士を紹介してもらうというのが、一つの手段ですし、グーグルなどで、離婚に関して詳しく情報が載っている法律事務所を当たってみるのもよいでしょう。

また、依頼する弁護士をお決めになった場合には、ぜひご自身の事情は包み隠さず全てその弁護士に打ち明けてください

そのことで、弁護士も依頼者を信頼でき、相互の信頼関係の構築・維持につながり、最善の解決を得ることが出来ます。